破産宣告のデメリット※すごく悪いイメージがあるけど実際どう?

破産宣告のデメリット※すごく悪いイメージがあるけど実際どう?

破産宣告のデメリット※すごく悪いイメージがあるけど実際どう?

破産宣告をすることにより、借金などが一気に支払がなくなりますが、その代わりさまざまなデメリットが出てきます。
自宅をローンなどで買っている場合、支払はなくなりますが、その代わりに家に住むことができなくなります。
また、車なども差押えの対象となるので、生活が一気に不便なものになります。
さらにクレジットカードの利用や支払ができなくなります。
これらのデメリットだけでも十分に生活に問題が出てきますが、さらに破産宣告により、デメリットが出る職種などもあります。
弁護士や税理士、株式証券などに勤務している会社員などです。
破産宣告をすることにより、仕事上でも問題が出てきます。
数か月ではありますが、仕事ができなくなってしまう可能性があります。
さらに、破産宣告をすることにより、99万円以上の現金、20万円以上の有価証券、さらには別荘なども一気に手放さなければならなくなります。
また、破産宣告をした人は、引っ越しをしたり、長期旅行に出るにしても、逐一裁判所からの許可を得なければ行うことができなくなってしまいます。
なので、簡単に破産宣告をすれば借金がなくなって楽になる、という考えで行ってはいけない行為ということになります。
破産宣告をすることにより、借金はなくなりますが、その代わり家がなくなってしまうが、家具だけが引き取り手もなく残ってしまうなどのデメリットが多くついて回るということになります。
また、生活にも様々な制限が出てくるということになります。