【破産宣告の方法完璧ガイド】賢く手続きするならこの流れ!!

【破産宣告の方法完璧ガイド】賢く手続きするならこの流れ!!

【破産宣告の方法完璧ガイド】賢く手続きするならこの流れ!!

破産宣告とは「破産手続きを始める裁判」のことであり、現在では使用されていない言葉です。
しかし現在の新破産法が適用されるまではずっと破産宣告として呼ばれていたため、破産宣告という言葉を使っている人は少なくありません。
ではこの破産宣告を行うにはどうすれば良いのかというと、まずその方法として重要になるのは「申し立て」を行うということです。
この申し立ての方法としては、基本的には「申立書を提出する」ということとなります。
申立書の中に記載する内容としては「借金の総額」や「どこからどれくらい借りたのか」、また「いつ借りたのか」ということや「何のために借りたのか」というような、借金に関する様々なことを記載する必要があります。
またその中では借金とは別に「家計の状態」も確認され、食費や家賃といったような情報を記載しなくてはならないほか、両親や兄弟の所在や職業について確認をされ、親族に頼ることが出来ないのかと言うことも確認されることとなるでしょう。
こうしたことを記載していく中で特に注意したいのが「嘘をつかない」ということです。
もし兄弟や親せきに仕事をしていて収入がある人がいたとしても、そこで「いない」というような嘘をつくということは決して良い方法ではありません。
もしその嘘がばれてしまった場合には破産宣告手続きが出来なく鳴ってしまうこともあり得ます。
この申し立て書を提出した後には裁判所に呼び出されて状況の確認が行われ、そこで「破産を行うことが出来る状況にある」というように判断された場合には、そこで初めて次のステップに進むことになるのです。